薬局開設許可申請

薬局

薬局開設許可の申請を代行致します。

川崎市、神奈川県、東京都、埼玉県を中心に、全国対応可能です。
 お気軽にご相談、お問い合わせください。
初回の対応は 「 無料 」 です。お問い合わせはコチラから


薬局開設許可

薬局を開設するには、所在地の都道府県知事(その所在地が保健所を設置する市、又は特別区の区域にある場合はにおいては、市長又は区長)の許可を受けなければなりません(薬機法第4条第1項)。

薬局とは

医師の処方箋によって、医療品の販売を行う調剤薬局のことです。

一般用医薬品の販売を行う、ドラッグストアとは、厳密には異なります。

薬局

「薬局」とは、薬局開設の許可を受けて、薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所をいいます(薬機法第2条第12項)。

その開設者が医薬品の販売業を併せ行う場合には、その販売業に必要な場所を含みます。
ただし、病院若しくは診療所又は飼育動物診療施設の調剤所は含みません。
一般的に「薬局」と呼ぶ概念より、狭い意味での「薬局」の概念となります。

名称の使用制限

薬局開設の許可を受けた薬局でないものは、基本的には、薬局の名称を使うことは出来ません(薬機法第6条)

店舗販売業

店舗販売業の許可を受けて、要指導医薬品( 薬機法第4条第5項第(3)号に規定する要指導医薬品をいう。以下同じ。)又は一般用医薬品を、店舗において販売し、又は授与する業務以下の業務ができる販売業です(薬機法第25条第(1)号)。

一般的には、ドラッグストア等が店舗販売業にあたります。

配置販売業

配置販売業の許可を受けて、一般用医薬品を、配置により販売し、又は授与する業務ができる販売業です。(薬機法第25条第(2)号)

厚生労働大臣が定める基準に適合するものを家庭等に配置することにより販売する、いわゆる置き薬等の医薬品の販売業がこれにあたります。

卸売販売業

卸売販売業の許可を受けて、医薬品を、薬局開設者、医薬品の製造販売業者、製造業者若しくは販売業者又は病院、診療所若しくは飼育動物診療施設の開設者その他厚生労働省令で定める者(薬機法第34条第3項において「薬局開設者等」という。)に対し、販売し、又は授与する業務ができる販売業です。(薬機法第25条第(3)号)

一般的には、医療品の卸業のことを指します。


 薬事関連業務、お気軽にご相談、お問い合わせください。
初回の対応は 「 無料 」 です。
お問い合わせはコチラから

開設許可概要 | 構造設備要件 | 業務体制要件 | 人的要件 | 開設許可手続 | 関連手続 | 報酬額