薬局開設許可の人的要件

薬

薬局開設許可の基準

許可の基準

薬機法第5条において、 薬局開設の基準が示されています。

  1. 構造設備要件:薬局の構造設備が、厚生労働省令で定める基準に適合していること。
  2. 業務体制要件:薬局において、その業務を行う体制が厚生労働省令で定める基準に適合していること。
  3. 人的要件:申請者(申請者が法人であるときは、その業務を行う役員を含む。)が、欠格事項に該当しないこと。

ここでは、3.人的要件について解説いたします。

人的要件

人的要件は、薬機法第5条第(3)号において定められています。

申請者の要件

申請者(申請者が法人であるときは、その業務を行う役員を含む。)が、以下の欠格事項のいずれかに該当するときは、許可されません。

  1. 薬機法第75条第1項の規定により許可を取り消され、取消しの日から3年を経過していない者
  2. 薬機法第75条の2第1項の規定により登録を取り消され、取消しの日から3年を経過していない者
  3. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた後、3年を経過していない者
  4. 1. から 3. までに該当する者を除くほか、この法律、麻薬及び向精神薬取締法、毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)その他薬事に関する法令で政令で定めるもの又はこれに基づく処分に違反し、その違反行為があつた日から2年を経過していない者
  5. 成年被後見人又は麻薬、大麻、あへん若しくは覚醒剤の中毒者
  6. 心身の障害により薬局開設者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの

薬剤師を設置する要件

薬局において、1日の平均取扱い処方せんの数が、40までの場合は、1名の薬剤師を置くことが求められます。
40以上の場合は、取扱い処方せんの数が、40(又は、その端数)ごとに、1名の薬剤師をさらに加えて置くことが求められます。

設置すべき薬剤師の数等は、薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令(昭和三十九年二月三日厚生省令第三号)において、業務体制要件として、さらに詳しく規定されています。


 薬事関連業務、お気軽にご相談、お問い合わせください。
初回の対応は 「 無料 」 です。
お問い合わせはコチラから

開設許可概要 | 構造設備要件 | 業務体制要件 | 人的要件 | 開設許可手続 | 関連手続 | 報酬額